天気がいいからポタリング

アクセスカウンタ

zoom RSS しまなみ海道(前篇)

<<   作成日時 : 2009/03/10 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

念願のしまなみ海道尾道から今治まで走ってきました。
画像

3月7日:春休み中の長男と新横浜からのぞみ9号に飛び乗り、3時間24分で福山着。
画像

山陽本線に乗り換えお昼前には尾道駅到着。
画像

荷物を本日の宿の尾道第一ホテルに預け、尾道散策。
尾道観光には自転車は向きません。
尾道観光については今回は省略しますが、ノスタルジックでお寺が多い情緒ある街でした。
画像

夕方、ホテルの目の前のレンタサイクルターミナルで翌日のチャリンコを物色するが、ママチャリとMTBばかりでいいのがなかった。

3月8日:朝8時にホテルをチェックアウト。
目の前のサイクルターミナルでチャリンコをレンタル。
画像

昨日はなかったサンライズ糸山所有のロードバイクがあったので、迷わず選んだ。
1日分の貸出料金500円、保証料1000円、通行料回数券500円の合計2000円を支払う。
画像


まずは渡船で向島へ渡る。
渡船は自転車込で70円。
料金所のおばさんが、昨夜12時に今治を出て先ほど尾道にたどりついた若い女の子たちがいたと、話していた。
寒くて止まらずに一晩中走っていたそうだ。
あなたたちも頑張ってとの声に押されて、しまなみ海道サイクリングのスタート。
画像

向島の内陸をしばらく走り、海岸線に出ると岩子島へ渡る赤い橋が見える。
画像

これはパスして、因島大橋を目指す。
画像

橋は高い所にあるので、島から島へ渡るには緩い登りが必ずある。
画像

この橋は上が自動車道、下が原付バイクと自転車、歩行者道の2層構造。
画像

渡りきったところに無人の料金所があり、人が近ずくと音声で料金を入れるようしゃべる。
カメラも一応設置されている。
ちなみに歩行者は無料。減速せず素通りする地元ナンバーの原付も多い。
橋が終われば下りがある。
因島は海岸線と内陸がミックスしたアップダウンがある。
画像

次は生口橋を渡り、生口島へ渡る。
画像

画像

画像

橋の上から見る景色が美しい。
画像

料金50円の回数券をちぎって料金箱に入れるのだが、手袋をしたままだとやりにくく手間取る。
画像

生口島は海岸線を走り、すぐ隣島の佐木島、高根島の景色を見ながら走れる。
画像

このあたりでは有名らしいジェラットのお店ドルチェもあったが、寒いのでそのまま通過。
このあたりからサイクリストも、そうでないママチャリのおばさんからもすれ違いに挨拶の声掛けが行われるようになってきた。
こちらからも挨拶を交わす。
画像

途中しおまち商店街の中を走っていると、寄って休んで行きなさいと地元の方に勧められ、しばし休憩。
画像

ゆず茶を御馳走になりしばし歓談。
古い郵便局を資料館にして毎週日曜日にボランティアで管理しているそうです。
そのうちに地元の人が何人も集まってきて話がはずむ。
画像

この時計は天皇が立ち寄られた時に寄贈された1か月時計で外側で月日を刻み、真ん中が普通の時を刻む珍しいものらしいです。
画像

後半へ続く----



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

街ポタ・・・

しまなみ海道(前篇) 天気がいいからポタリング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる